腱鞘炎を予防するには

腱鞘炎を予防するには

パソコンなどをよく使う作業をする場合、マウスやキーボードを長時間扱うことになります。

厳選したlivedoorニュースの情報探しをお手伝いします。

そのため、指や手首、肩などに負担がかかり、指が痛くなったり、手首なども痛みやちょっと熱をもったようにだるさを感じるような状態になったら、腱鞘炎などの可能性がでてきます。基本的に、腱鞘炎の原因としては使いすぎなどによるものです。

そのため、日頃から、指や手首などに負担がかかるようなことをやっている場合には、できるだけ、負担を減らすように工夫をすることも大切です。

火傷治療についての情報をお探しの方は必見です。

また、デスクワークなどの場合には、仕事で長時間同じ姿勢を保つことも多く、肩こりや首のこりなどになりやすい傾向もあります。

予防をするためには、肩や首などのこりも解消していきましょう。マッサージやストレッチを行い、筋肉のこりをほぐし、血流をよくすることが大切です。



首や肩のこりがほぐれることで、腕や手などに対しての血流もスムーズになります。
また、ひじから手首にかけての筋なども、ある程度マッサージを行いほぐしていくといいでしょう。手を使いすぎることで、筋肉に対してかなりの負担がかかってしまうため、定期的にマッサージを行うことでそのダメージを軽減していくことが大切です。また、痛みなどが酷い場合には、シップなどを使い対処するか、医療機関で、診察をしてもらい、適切な治療を行ってもらうことも大切です。腱鞘炎を予防するために自宅などでは、できるだけ手や手首に負担がかからないように過ごすことも重要です。

  • 医療について思うこと

    • 筋肉が骨を動かす場合、腱と呼ばれる筋状の組織を通して行います。そして、この腱は、腱鞘というトンネル状の部分に囲まれています。...

      detail
  • 医療についての考察

    • 私たちが手や指先を動かすときには、腕や指の筋肉とともに、必ず腱が伸び縮みしています。特定の動きを過剰に繰り返すと、この腱や腱をパイプのように覆っている腱鞘に過度の負担がかかり、痛みを発症するようになるのです。...

      detail
  • 関連情報

    • デスクワークをする方、普段から趣味として自宅でパソコンを使う場合には、キーボードやマウスを長時間使うこともあります。そのため、手や手首に負担がかかり指の痛みや手首の痛みにつながることもあるでしょう。...

      detail
  • いまどきの医療

    • 現在、多くの男性や女性の間で腱鞘炎による痛みで悩みを抱えている方が少なくありません。腱鞘炎になる原因として仕事でパソコンを使う方はマウスを使用しすぎていることやまたペンを使った長時間の仕事、他にもスポーツで同じ腱の使いすぎによる痛みなど様々な要因が考えられます。...

      detail